シンプル・オシャレ家電

コクヨのシュレッダー。シンプル・コンパクト・パワフルなのが良い!【レビュー|女性一人暮らしの防犯対策にも】

次々と送られてくるDMや明細の処理がめんどくさすぎる。

通販で買い物をしたときに同封されてくる明細書や納品書をそのまま捨てるのが心配で、「あとでまとめて処分しよう」と溜め込んでしまうポン吉です。

そのまま捨てるのも不安なので、住所や名前の部分だけ頑張ってハサミで刻んだり手でちぎったりしていました。

でも、とにかくめんどくさい!

時間も手間もかけずにパパッと処理したいと思った私はシュレッダーを買いました。

 

シュレッダーが我が家に来てから、いらない書類の処理が本当に楽になりました!

テーブルのすみにあった書類の山があっという間に片付いて、気分もスッキリ!

追加でもう 1台購入し、実家のリビングに置いています。

家族も喜んで使っているようです。

使っているのはこちらのシュレッダーです。

シュレッダーなんて、わざわざ買う必要ある?

シュレッダーを買わなくてもハサミで細かく切れば事足りるし、消したいところだけ黒塗りするようなスタンプもあります。

シュレッダーなんて大げさかな?と私も思いました。

ちゃんとしたものを買ったとしても、もし使わなくなったら邪魔なだけだし・・・

 

ただ、そうやって悩んでいる間にもテーブルのすみに積んである通販の明細書や納品書が視界に入ってきて、そのゴチャゴチャした感じがかなりストレスになっていました。

この鬱陶しい紙の山をさっさと処分したい。

でもハサミでちまちま切るのはめんどくさい。

とにかくシュレッダーがほしい!

買って後悔することは絶対にない!!と思いました。

 

時間も手間もかなり減るから、すごく楽になる。

書類の山がなくなれば、気持ちもスッキリしてストレスから解放される。

これは賢い買い物に違いない!

と。

 

まして一度買ってしまえばこの先何年も使えるものなので、悩んでる暇があったらさっさと買っちゃった方がいいのかも?と思いました。

いくらめんどくさがりやの自分でも書類をシュレッダーにかけるくらいなら毎日するし、

なによりキレイに片付いたテーブルでご飯を食べたい。

色んなストレスから解放されることを考えたら、数千円のお金をかける意味があると思いました。

あと、シュレッダーを買ったらどのくらい生活が快適になるのかな?という興味もありました。

そんなわけで、シュレッダーを買うことに決定。

いろいろ見比べて、性能と見た目の良さでコクヨのシュレッダーを購入しました。

Amazonで頼んだので、次の日にはすぐに届きました。

コクヨのシュレッダー RILESH

私が使っているのは、コクヨのRILESHというシュレッダーです。

ご覧のとおり、コロンと丸いフォルムをしています。

私がシュレッダーに求めていた条件は、

  • A4サイズがそのまま入る
  • 4 〜 5枚重ねて入れてもOK
  • 音が静か
  • コンパクトで、部屋に置いても悪目立ちしない

この 4つ。

この条件に当てはまったのがコクヨのRILESHでした。

ちなみにRILESHのスペックは以下の通り(コクヨの商品ページより抜粋しています)。

●サイズ/約W170×D330×H306mm
●重量/4.7kg
●色/スノーホワイト
●細断形状/クロスカット:4×40mm
●細断枚数/A4約5枚
●細断速度/約2.3m/分
●投入幅/220mm(A4)
●連続使用/約10分
●容量/8L(A4約65枚)
●消費電力/70W
●ゴミ袋/使用不可
●作動音/約53dB
●保証期間/1年

裁断形状というのは、裁断した後の紙くずの大きさのこと。

シュレッダーにかけた紙は、縦 4mm、横 40mmのサイズにカットされます。

情報漏洩を防ぐために十分な小ささにカットしてくれるので安心です。

 

そしてゴミ箱の容量もポイント。

A4サイズで 65枚分入ります。

けっこう入りますね!

小さいシュレッダーだとちょっと裁断しただけですぐにゴミ箱がいっぱいになってしまうので、こまめに中身を空にしないといけなくて面倒なのです・・・

RILESHならそこまで頻繁にゴミを捨てなくても大丈夫。

使用頻度にも寄りますが、DMや通販の明細を処分するくらいなら中身がいっぱいになるまでに1〜 10日くらいはかかると思います。

1年間の保証がついているのもありがたいですね。

RILESHの良いところ

RIRESHを使っていて良いところ、便利なところを書いてみます。

購入を迷っている人は参考にしてみてください!

A4が縦にそのまま入る

いちいち手でちぎらなくても、A4サイズをそのまま裁断できるのが嬉しい。

手間も時間も大幅に節約できて、本当に楽です。

やっぱりA4サイズを裁断できるだけでとても便利です。

面倒な手間から解放されます。

4 〜 5枚なら余裕でいける

上の写真は、通販で買い物をした時に同封されてきた納品書をシュレッダーにかけているところです。

A4用紙 4 〜 5枚くらいは余裕で裁断できます!

ネット通販を利用するたびに納品書や領収書がどんどん溜まっていくので、一気にシュレッダーにかけられるのは本当に便利です。

カバーがついているので刃の部分に埃が入りづらい(小さな子供がいても安全)

上の写真を見ると、紙を差し込む場所はどこ?と思うと思います。

これはカバーを閉めた状態で、紙を差し込むところは隠れているのです。

カバーがあるおかげで、子供が間違って指を入れてしまったり、刃にホコリが溜まるのを防いでくれます。

左側の中央にあるボタンを押しながらカバーをスライドすると開くように作られていて、

子供が自分で開けられないので安全です。

さすがコクヨだなーと思いました!

逆回転機能で紙詰まりもラクラク解消

ご覧の通り、逆転、停止、裁断の3つの項目があります。

  • 逆転・・・巻き込んだ紙を戻す
  • 停止・・・裁断を止める、歯が回転しない状態
  • 裁断・・・通常の裁断

あまりにも大量に紙を投入したときや、圧着ハガキのようなツルツルした材質の紙をシュレッダーにかけると、時々紙づまりを起こすことがあります。

そんな時でも「逆転」を選ぶと、紙が逆戻りしてきてくれるのです。

おかげで紙がつまってもすぐに回復できます。

頑固につまった紙は下から手で取り除くのですが、普通に使っていればそこまでひどくなることはないです。

コンパクトで場所を取らない

A4サイズでも余裕で裁断できる割に、RILESHはとてもコンパクト。

余計な機能がない分、とてもスッキリしています。

サイズは 縦 30.6cm × 横 17cm × 奥行き 33cm 

マチの広いビジネスバッグくらいの大きさです。

私の部屋ではソファの横にちょこんと収まっています。

角の丸いコロンとしたフォルムが可愛い

全ての角が丸いので、コロンとしていて可愛い。

女性の部屋に置いても全然ゴツくない。

オシャレな部屋を目指す人とって、見た目は大切ですよね。

部屋に置いても目立たない!

コンパクトでシュレッダーっぽくない見た目のおかげで、部屋に置いても目立ちません。

白い壁のお部屋なら、壁際に置くだけで自然に部屋に馴染んでくれます。

私の部屋の壁も白いので、そんなに目立つこともなく雰囲気に溶け込んでいます。

そのおかげで、この間遊びにきた友達もシュレッダーが置いてあることに気づいていませんでした(笑)

RILESHの残念なところ

とても使いやすいRILESHですが、ひとつだけ気になることがあります。

夜遅い時間に使うとうるさく感じる

RILESHはシュレッダーの中でも静かな方です。

日中に使う分には音が気になりません。

でもさすがに夜だと音がけっこう大きく感じるんですね。

説明書にもあった通り、作動音は約53dB。

紙を飲み込むときのグオォォーンという音がご近所の迷惑になっていないか不安になることがあります。

 

床に直に置くと特に響くので、夜遅い時間に使うなら何かマットのような物を敷いた方がいいですね。

私は床に直置きなので、なるべく昼間〜夕方の時間帯に使うようにしています。

カーペットの上や畳の部屋に置けば音が響きにくいので、時間帯を気にせずに使いたい人は下に何か敷きましょう。

多少の音はシュレッダーの宿命なので、仕方ない部分ではありますね。

他のシュレッダーはもっとうるさいみたいなので、RILESHは頑張ってくれている方です。

シュレッダーを使うときの注意点

RILESHはとても使い勝手の良いシュレッダーなのですが、使用する上でいくつか注意点があります。

ゴミ箱が 8分目までいっぱいになったら裁断クズを捨てよう!

ゴミがいっぱいの状態でゴミ箱を引き出すと、裁断クズが床に飛び散って大変なことに。。

ゴミ箱がいっぱいになる前に、8分目くらいになったら一旦空っぽにすると、ゴミが散乱することもなくキレイに使えます。

上の画像だとゴミの量は半分くらいなので、ゴミ箱を引き出しても床にゴミが飛び散っていませんね。

ゴミ捨ての回数が増えてめんどくさそうに感じますが、いっぱいになる前に捨てた方が床掃除の手間が減るので結果的に楽です。

書類を入れる方向を間違えないようにしよう

シュレッダーに紙を入れるときは、紙を入れる向きを間違えないように注意しましょう!

紙の向きを間違えると、せっかく裁断したのに情報が残ってしまうことがあります。

下の画像を見ていただくとわかると思うのですが・・・

左の「NG」と書いてある方はなんとなく単語が読み取れてしまいます。

住所や名前の一部が残ってしまうとシュレッダーを使う意味がないので、書類を入れる方向を間違えないようにしましょう!

頑固に詰まった紙を取り除くときは一旦電源を切ろう

一度にシュレッダーにかける枚数が多すぎると、紙が途中で詰まることがあります。

そんなときは逆回転機能を使うと詰まった紙がモゾモゾと出てくるのですが、

刃と刃の隙間に紙がへばりついて取れないことがあるんです。

へばりついた紙は手でむしり取っていくしかないのですが、このとき必ず電源を切りましょう!!

間違って刃が回転したら超危険です。

どんなに面倒でも、一度電源を切ってから紙くずを取り除くようにしましょう。

シュレッダーゴミが意外と役に立つ

裁断したゴミをただ捨ててしまうのはもったいない!

普段のゴミ捨てのときにちょっと役立ちます。

吸水力が抜群

ゴミ袋の底にシュレッダーゴミを敷いておくと、よく水分を吸ってくれます。

お料理の際に出た生ごみを捨てるときに意外と役立ちます。

ゴミ袋から汚い水が垂れてくるのをしっかりと防いでくれますよ。

クッションがわりになる

尖ったものや固い箱を捨てるとき、シュレッダーゴミの中に埋めるようにするとゴミ袋に穴があかないのでとても便利なのです。

お菓子の空き箱とかティッシュの箱をゴミ袋に入れた時に、角がひっかかって袋に穴があいてしまうことはありませんか?

そんなときは先にシュレッダーゴミをゴミ袋に入れて、その中に埋めるように空き箱など角の尖ったゴミを捨てると、袋に穴があかないので安心です!

しかも裁断クズのおかげで袋の中身も見えづらくなって一石二鳥。

防犯対策のためにも、シュレッダーがあると安心

最近は個人情報がどこから漏れるかわかりません。

そもそもゴミを漁られて、誰のものだか特定されるだけでも嫌ですが・・・

住所や名前が書かれた書類をシュレッダーしてから捨てることで、情報が漏れる可能性は低くなります。

自分は大丈夫と思わずに、念には念を。

安心と安全のためにシュレッダーは必要だと感じます。

まとめ:コクヨのシュレッダーRILESHが超オススメ!

ミニマリストのスッキリしたお部屋にも、可愛いお部屋にも、小さなお子さんのいるご家庭にも、RILESHは超オススメです!

買ってから 8年間使っていますが、特に故障もありません。

面倒な書類の処理から解放されて、部屋も気分もスッキリして、毎日が本当に快適です。

良い買い物をしました!

防犯対策の意味でも、一人暮らしの女性は特にシュレッダーがあると良いと思います。

安心してゴミを捨てられるのはとても良いと私は実感しています!

あとは私のようにめんどくさがりやな人にも超おすすめです。

コクヨ シュレッダー RELISHの良いところ
  • A4が縦にそのまま入る
  • 4 〜 5枚なら余裕でいける
  • カバーがついているので刃の部分に埃が入りづらい(小さな子供が遊びにきても指を怪我する心配がなく安全)
  • 逆回転機能で紙詰まりもラクラク解消
  • コンパクトで場所を取らない
  • 角の丸いコロンとしたフォルムが可愛い
  • 部屋に置いても目立たずに馴染んでくれる

使い始めて 8年経ちますが、今まで特に故障もありません。

ハサミで書類を刻む面倒な作業から解放されて、

部屋もスッキリ片付いて、

毎日が本当に快適です!

 

防犯対策の意味でも、一人暮らしの女性は特にシュレッダーがあると安心です。

安心してゴミを捨てられるのは気持ちがとても楽です!

あとは私のようにめんどくさがりやな人にも超おすすめですね。

日々溜まっていく不要書類を片付けるのが、劇的に楽になります。

毎日溜まっていく書類のストレスからぜひあなたも解放されてくださいね!